横浜市会議員・伊波俊之助氏の新年会が1月10日、中区で行われた。
 
 伊波氏は福祉の視点を養っていくためにもまずは、横浜市の新採用職員に「介護職員初任者研修」を義務付けるべきと持論を語った。また市議として約3年の活動を振り返り1期4年の最後の年に向け、職務をまい進する姿勢を示した。
 
 会場には川本守彦後援会長や横浜港運協会の藤木幸夫会長、中区出身の松本純衆議院議員をはじめ、来賓や支援者が参加した。